08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Hilo Hooganji Centennial Commemoration

2008年10月27日
過日、ヒロ法眼寺に於いて
開創百周年記念法会が執り行われた。

ハワイ駐在の全開教師と
日本からも有縁の僧正様方20名以上の方々が
参列して盛大なものとなった。

ヒロ法眼寺はラハイナ法光寺を開創された
湯尻法眼和尚が開かれたお寺だ。

湯尻和尚はハワイ各地を巡錫して、
到る所にお大師講を組織し

その集会所として大師堂を建立された。
謂わば真言宗のハワイ開教の父なのである。

その大師堂はその後の隆盛を得て
いち寺院として
祖風宣揚の一助となったもの

あるいは、社会の変化に飲み込まれ
残念ながら廃堂となったものもあるが、

すべて、祈りの道場として
日系移民の心の支えとなっていた。

この度、ヒロ法眼寺が開創百周年を迎えられたことは
本当に喜ばしいことだ。

驚いたのは法眼寺檀信徒並びに御住職は
20年以上も前からこの日のためにコツコツと資金を集め
本堂内陣の荘厳は全て修復され、
厳かな光を放っていた。

その光の中に 信徒一人一人の思いや
既にこの世を去られた方々の思いが
詰まっているように感じ
強く胸を打った。

プリズムを通せば
太陽の光は7色に分解できる
しかし、全てが揃っていると
無色にしか見えない。

法眼寺の本尊様が発した光は
何百、何千という人々の
百年に亘る色とりどりの思いが
込められていたのだろう。

スポンサーサイト
お寺のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。